「ほっ」と。キャンペーン
2009年 05月 01日

抒情歌全集/倍賞千恵子

c0123522_18294670.jpg春だ! さくらだ! 倍賞千恵子だ! (そっちで来たか… w)
いやぁ、倍賞千恵子さん大好きだす…って言うと 「年上好きなのね」 と思われるだろう。しかし、年上だろうと年下の女の子だろうと、好きなもんは好きなんだから仕方なかろう。あ…ちなみに、キャンディーズでは 「ミキちゃん派」 でした (オイオイ、キャンディーズは 「年下の男の子」 やろ)。w
そもそも、倍賞さんを知ったのは、かの名曲 「さよならはダンスの後に」 でありました。えっ? 普通は 「下町の太陽」 だろうって? う~ん、そうですねぇ…普通の方なら 「下町の太陽」 「忘れな草をあなたに」 「さくら貝の歌」 といったあたりかもしれません。でも、歌手:倍賞千恵子として最初に聴いたのが 「さよならは~」 だったんだから、しゃあないやん。ホラ、動物が生まれて初めて見た相手を親だと思うように… (ナニカがチガウようなキがする)。
それにワタシ、どこかで言ったと思ったけれど映画をほとんど観ない人でしたから、実は女優としての倍賞さんをほとんど観ていないのですよ。もちろん 「フーテンの寅さん」 シリーズも、未だもって2~3作しか観ていないし。だから倍賞千恵子=歌手であって、女優さんではないのです (ああ、勿体ない)。
 ♪
スタジオジブリの映画 「ハウルの動く城」 で彼女を知ったという若い世代の方々には是非、彼女の昔の映画も観ていただきたいものである (書いているオマエもな。w)。日本アカデミー賞、毎日映画コンクール主演女優賞、キネマ旬報賞等を受賞している実力派の女優さんであるぞ。とりあえず、山田洋次監督作品を追いかけると彼女が主演の作品が多いから比較的簡単だ。そしてもちろん、歌手としての倍賞千恵子も聴いていただきたい。なんたって、第4回日本レコード大賞新人賞受賞者じゃけんのう。紅白歌合戦にだって、歌手として4回出ておるぞい。いやぁ、天は二物を与えましたネエ~。
とりあえず、この手のベスト盤 (BOXモノじゃなく1枚モノでも充分) から入るのがヨロシイかと思われ。
 ★ ★ ★
2003 キングレコード KICS-6220~6225 (BOX入り6枚組)
 ♪
Disk-1 「白い花の咲く頃」/①さくら貝の歌 ②白い花の咲く頃 ③鈴懸の径 ④夏の思い出 ⑤あざみの歌 ⑥純愛の砂 ⑦島原地方の子守唄 ⑧遠くへ行きたい ⑨山のけむり ⑩雪の降る町を ⑪北帰行 ⑫ふれあい ⑬四季の歌 ⑭星に祈りを ⑮白いブランコ ⑯誰もいない海 ⑰神田川
Disk-2 「忘れな草をあなたに」/①忘れな草をあなたに ②心の窓に灯を ③はるかな友に ④花の街 ⑤岬めぐり ⑥白い一日 ⑦さよならをするために ⑧春うらら ⑨少しは私に愛を下さい ⑩悲しくてやりきれない ⑪小さな日記 ⑫花はどこへ行った ⑬星に祈る ⑭瞳とじれば ⑮下町の太陽 ⑯月よりの使者 ⑰花言葉の唄
Disk-3 「この道」/①からたちの花 ②砂山 ③この道 ④ペチカ ⑤出船 ⑥城ヶ島の雨 ⑦椰子の実 ⑧浜辺の歌 ⑨波浮の港 ⑩花 ⑪初恋 ⑫ちんちん千鳥 ⑬朝 ⑭真白き富士の根 ⑮惜別の唄 ⑯ゴンドラの唄 ⑰中国地方の子守唄
Disk-4 「赤とんぼ」/①赤とんぼ ②叱られて ③浜千鳥 ④ちいさい秋みつけた ⑤かあさんの歌 ⑥もずが枯木で ⑦故郷を離るる歌 ⑧故郷の空 ⑨故郷の廃家 ⑩宵待草 ⑪草の夢 ⑫わすれな草 ⑬花をたずねて ⑭母 ⑮雪よ小雪よ ⑯ふるさと
Disk-5 「庭の千草」/①菩提樹 ②庭の千草 ③野なかの薔薇 ④ローレライ ⑤旅愁 ⑥星の界 ⑦アニーローリー ⑧追憶 ⑨愛のロマンス(禁じられた遊び) ⑩家路 ⑪ともしび ⑫赤いサラファン ⑬ロンドンデリーの歌 ⑭トロイカ ⑮谷間のともしび ⑯ステンカ・ラージン ⑰春風 ⑱美し夢(シューベルトの子守唄)
Disk-6 「あなたと共に」/①ここに幸あり ②あなたと共に ③いのちの限り ④若者たち ⑤北上夜曲 ⑥学生時代 ⑦新妻に捧げる歌 ⑧バラが咲いた ⑨銀色の道 ⑩爪 ⑪水中花 ⑫浜でギターを弾いてたら ⑬恋文 ⑭別れの磯千鳥 ⑮湖畔の宿 ⑯秋の砂山 ⑰青葉城恋唄
 ♪
新品入手可能
[PR]

# by mogerand-m | 2009-05-01 15:29 | 音楽/CD、LP…
2007年 12月 08日

Melodies (The Best of AOR)/Various Artists

c0123522_2222415.jpgAOR (Adult Oriented Rock 「アダルト・オリエンテッド・ロック」) という音楽が流行り出したのはもう30年ほども前になる。当時は、ナニが 「アダルト」 で 「オリエンテッド」 なのか良く分からないまま、本当に単純に 「これ、エエやんっ!」 というレベルで聴いていた。もっとも聴いていた本人は、その曲からイメージされるような、オトナっぽい雰囲気とある種上品なムードとは全く無縁の生活 (どちらかと言うと演歌が似合いそうだったさ。w) をしていたからナンではあるが…。
そうは言っても、好きなモノは好きであるから仕方ない。高嶺の花と言われようと、君には絶対似合わないと言われようと、ワタシはやっぱり我が学園のマドンナが好きですねん…みたいなものか (意味不明)。w
 ♪
てなわけで、AOR大好き人間にとって、これは涙モノの企画盤ではある。
そもそも、初っ端にドナルド・フェイゲンを持って来る辺りからして、すでに確信犯決定だ。最初に、この手の 「小難しそうで、ちょっと哲学っぽいニオイのしそうなモノ」 を配置しておき、その後でボビー・コールドウェルとかJ.D.サウザーとかの 「実はそんなに小難しいヤツじゃないんだよ、ワタシは」 的な面を見せ、やれTOTOエア・サプライシカゴだナンダカンダアレヤコレヤと手練手管の末に、AORソング界の 「マイ・ウェイ」 こと 「ウィー・アー・オール・アローン」 で〆括る…いやぁ、まさに王道ではありませんか。「お嬢さんホイホイ」 のニオイがプンプンします。www
ワーナーミュージックさん、エエ仕事してくれましたなあ。やまだく~ん、座布団5枚やってくれ~。w
個人的には、レコード会社の枠を超えて、このメンバーに更に、ビリー・ジョエルマーティー・バリンニック・デカロシーウインドを加えていただけたらもっと嬉しかったッス。まあでも、ジェイムス・テイラーアル・ジャロウを入れてくれているので、ヨシとしてあげましょう。
あ…できれば、ライナーの文字をもう少し大きくしてくださいな。もう老眼やらナニやらが始まってるんで、ちょっち読みにくいッス。www
 ★ ★ ★
2003 ワーナーミュージック・ジャパン WPCR-11640~1
 ♪
Disk-1/①I.G.Y. 【ドナルド・フェイゲン】 ②What You Won't Do For Love 【ボビー・コールドウェル】 ③Livin' It Up 【ビル・ラバウンティ】 ④Jojo 【ボズ・スキャッグス】 ⑤Georgy Porgy 【TOTO】 ⑥You're Only Lonely 【J.D.サウザー】 ⑦What A Fool Believes 【ドゥービー・ブラザーズ】 ⑧Don't Woeey Baby 【ヴェィパー・トレイルズ】 ⑨Don't Talk 【ラリー・リー】 ⑩Skip To My Lou 【フィニス・ヘンダーソン】 ⑪Lost In Love 【エア・サプライ】 ⑫Biggest Past Of Me 【アンブロージア】 ⑬Take Me To Your Heaven 【ウィルソン・ブラザーズ】 ⑭Is It You? 【リー・リトナー】 ⑮Goin' Down 【グレッグ・ギドリー】 ⑯Cool Night 【ポール・デイヴィス】 ⑰After The Love Has Gone 【アース・ウインド&ファイアー】 ⑱Sailing 【クリストファー・クロス】
Disk-2/①Hard To Say I'm Sorry 【シカゴ】 ②Heart Of Mine 【ボビー・コールドウェル】 ③I Just Wanna Stop 【ジノ・ヴァレリ】 ④Rosanna 【TOTO】 ⑤Mornin' 【アル・ジャロウ】 ⑥Arthur's Theme (Best That You Can Do) 【クリストファー・クロス】 ⑦Seeing You (For The First Time) 【ジミー・メッシーナ】 ⑧Her Town Too 【ジェイムス・テイラー】 ⑨Antonio's Song (The Rainbow) 【マイケル・フランクス】 ⑩Just For The Moment 【レイ・ケネディ】 ⑪I Keep Forgettin' (Every Time You're Near) 【マイケル・マクドナルド】 ⑫Heart To Heart 【ケニー・ロギンス】 ⑬Steal Away 【ロビー・デュプリー】 ⑭Him 【ルパート・ホルムズ】 ⑮Baby Come Back 【プレイヤー】 ⑯It Will Be Alright 【エアプレイ】 ⑰Just The Two Of Us 【グローヴァー・ワシントンJr.】 ⑱We're All Alone 【ボズ・スキャッグス】
 ♪
新品入手可能
[PR]

# by mogerand-m | 2007-12-08 23:01 | 音楽/CD、LP…
2007年 02月 25日

DokiDoki! First☆Punch!/ハレンチ★パンチ

c0123522_0122970.jpgう~むむむっ…こういうのを紹介すると、また 「芸風変えたのでつか?」 とかツッコミが入るのかもしれないなあ。あの、別に芸風は変えていないんですよ。ただ、この手の…アイドル系って言っていいんですかね? 稀に、こちとらのアンテナに引っかかるのが出て来るんですよね。で、最近引っかかったのが彼女らなわけでして…。もうちょい言い方を変えるなら、「しょうがねえ。ちぃっとだけ騙されてやってもエエかいな…」 みたいなニュアンスです (意味不明???)。
ポイントは2つ。1つは、アルバムの出所がビクターエンタテインメントだという事。あそこは売り方美味い上手いから、微妙に外しているように見せかけておいて、そのくせツボはしっかりと押さえてくるんですわ (ex:SAS)。ソフトもハードも、やっぱりビクターでんな (イカン。しっかり丸め込まれておる w)。
で、もう1つは、大空さや (写真右のメガネ娘) のQ&Aで、「憧れのアーティストはレイ・チャールズ」 っていうのがありまして。まあ、どこまで本気なのかは知りませんが、その心意気に感じるモノがあった…のかも知れません (ここですでに、しっかりとダマされているような気もする w)。
とりあえず、ライヴに駆けつけてペンライト振るまでのエネルギーはございませんので。w
 ♪
元々は京都の某情報誌のアイドル発掘企画から出て来たとの事で、2005年にメジャー・デビュー。以来、シングル4枚をリリース後に今回のアルバムを出している。今どきの主砲手法として、TVアニメの主題歌やタイアップのイメージソング等をやっているから、結構ガンバッている方ではないだろうか。
あとは、所属事務所の力量モロモロも影響大きいはず。D-topia (デートピア) という事務所についての中身はよう知らぬが、プロデューサーの大西輝門が、この先どうやって育てて行くか見ものではある。
とか何とか言っていたら、なんとウィキペディアにもハレンチ★パンチが載ってるやん! あービックリ。
 ★ ★ ★
2006 ビクターエンタテインメント VIZL-199/VICL-62053
 ♪
CD/①Girl's Navigation ②Doki Doki! My Sister Soul ③白線~スタートライン ④僕のSummer Van ⑤HONEY MARAMALADE ⑥旅立ちの日に ⑦せんちめんたるハリケーン ⑧恋は課外授業 ⑨急上昇JUMP↑ ⑩O-mo-i-de Point ⑪365Days~いつもオーダーメイド ⑫ジュエル ⑬メガホン ⑭HIKARUステージ ⑮ハッピーパラソル
DVD/①Doki Doki! My Sister Soul -Video Clip- ②ねこにゃんダンス -Special Clip- ③ハレ☆パン・シングルメドレー -Special Clip- ④Doki Doki! DVD☆Navigation
 ♪
今回紹介したのは、初回限定盤でDVD付きのもの。通常盤 (限定盤とはジャケ写が違います) はもちろん新品入手可能ですが、限定盤ももしかしたらメーカー在庫あり???
[PR]

# by mogerand-m | 2007-02-25 21:57 | 音楽/CD、LP…
2006年 12月 16日

Christmas Through Your Eyes/GLORIA ESTEFAN

c0123522_0105884.jpg実は、グロリアには双子の兄弟がおりまして、名前はセドリックというそうです…なーんて、また最初からアホかましてどないすんねん。
80年代半ば、「グロリア・エステファン&マイアミ・サウンドマシーン」 としてデビューした時の鮮烈な印象は今でも憶えている。だって名前が長いんだもん (笑)。言うのも書くのも大変なんだからさ。試しに 「グロリア~マシーン」 を省略しないで会話してみていただきたい。絶対、途中でイヤになるから…その昔、一部仲間内で流行った 「フルネーム会話ごっこ」 ではあまり好かれておりませんでした (笑)。ちなみに、その会話ごっこの 「自動車セールスマン編」 で、「ニッサンバネットラルゴディーゼルターボグランドサルーンサンルーフエクストラ」 が一番辛かった記憶があります (なんのこっちゃい)。
しかし世の中、何がきっかけになるか分からない。一寸先は闇であり、一寸法師はチビである。
名前が長すぎるとの苦情を受けて (?)、単に 「グロリア・エステファン」 という名義に変えた後、彼女は自動車事故で大怪我を負ってしまうのである。それが、省略された 「マイアミ・サウンドマシーン」 の怨念なのかどうかは分からぬが…マイアミ・サウンドマシーンの怨念がおんねん (笑)。
 ♪
で、その怨念を振り切って (笑) 驚異の復活を遂げた彼女が発表したのが、「ミ・ティエラ~遥かなる情熱」 と、この 「クリスマス・スルー・ユア・アイズ」 である。前者は、彼女が生まれた地キューバへの想いを綴った作品。後者 (つまり本作) は、彼女が育った地アメリカへの想いをクリスマス・ソングの形を借りて綴った作品。だから本当は、この両作品はセットで聴かなければならないのである。
もし機会があったら、この2枚を聴いてみていただきたい。多分、リスナーの我々が一生経験する事のないであろう体験をバックボーンとした彼女の世界を、垣間見る事が出来るかもしれない。
 ★ ★ ★
1993 エピック・ソニー ESCA5852
 ♪
①序曲~シルヴァー・ベルズ ②ザ・クリスマス・ソング ③ハヴ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル・クリスマス ④レット・イット・スノウ ⑤ディス・クリスマス ⑥アイル・ビー・ホーム・フォー・クリスマス ⑦ホワイト・クリスマス ⑧きよしこの夜 ⑨クリスマス・スルー・ユア・アイズ ⑩ザ・クリスマス・ツリー ⑪クリスマス・オールド・ラング・サイン
 ♪
2002年と2004年に再発しているので、新品入手可能。中古市場にもそこそこ出回っています。
[PR]

# by mogerand-m | 2006-12-16 22:38 | 音楽/CD、LP…
2006年 12月 14日

A VERY SPECIAL CHRISTMAS/Various Artists

c0123522_082130.jpg邦題が 「クリスマス・エイド」 である。
この 「○×エイド」 と名付けられる催し物の類は、今や我が国でも市民権を得ていると言ってよいだろう。日本の場合、特にある特定の世代の人に対しては 「○×チャリティー」 と言った方が分かりやすいのかもしれないが、「チャリティー」 というと、どこかに義務感のようなものが付いているニュアンスを感じる場合があるかもしれない。なんかこう、「そっちはそれでエエのかもしれんけど、こっちは別に楽しくもないしなあ…まあ、仕方ねえべなぁ」 的なイメージである。それが 「エイド」 となると、「なんだかよくは分かんねえけんど、とりあえずコッチも楽しんでエエんだべ?」 から始まって、「隣が楽しんでるんだからオラも楽しんでしまえ!」 という 「考え無しで右へ倣え。皆で渡れば怖くない」 状態に至ってしまうわけで…。いや、この 「無意識全体主義」 は危険思想でっせ。特高呼んで検挙していただかねば。
まあ、もうちっとは考えましょうや。別に、「エイドいうたら コレ やろ?」 なんてオヤヂギャグはカマさんでええから、「ボランティア」 と 「チャリティー」 と 「エイド」 の違いぐらいは一度調べてみましょうね。
 ♪
さてコイツには、洋モノのロック・ポップス系の大御所連中がボランティア (「エイド」 と名付けられているからには当然の事だが) で参加している。誰が参加しているかの詳細は曲目欄を参照していただくとして、興味深いのは、この企画があのケネディ家 (故ジョン・F・ケネディの家族) から出ている点だろう。そうなのである。アメリカは未だにケネディの呪縛から逃れられてはいないのだ。ジョンソン家でもニクソン家でもフォード家でもダメ。あくまでケネディ家から出てこないとイカンのである。ましてブッシュ家からは何が出るか分かったもんじゃないし (笑)。
この手のチャリティー物は、えてして名前ばかりが先行して、実際に聴いてみるとハズレが多い…なんていうケースが多々見受けられるのであるが、コイツは結構アタリだと思います。メンバーがいいもんね。私的にはOKですわ。
 ★ ★ ★
1987 ポニー・キャニオン D32Y3183
 ♪
①サンタが街にやってくる/ポインター・シスターズ ②ウィンター・ワンダーランド/ユーリズミックス ③ドゥ・ユー・ヒヤー・ホワット・アイ・ヒヤー?/ホイットニー・ヒューストン ④メリー・クリスマス・ベイビー/ブルース・スプリングスティーン ⑤メリー・リトル・クリスマス/ザ・プリテンダーズ ⑥ママがサンタにキッスした/ジョン・クーガー・メレンキャンプ ⑦ガブリエルのメッセージ/スティング ⑧クリスマス・イン・ホリーズ/ラン・D.M.C. ⑨クリスマス・ベイビー・プリーズ・カム・ホーム/U2 ⑩サンタ・ベイビー/マドンナ ⑪リトル・ドラマー・ボーイ/ボブ・シーガー ⑫ラン・ルドルフ・ラン/ブライアン・アダムス ⑬バック・ドアー・サンタ/ボン・ジョヴィ ⑭コヴェントリー・キャロル/アリソン・モイエ ⑮きよしこの夜/スティーヴィー・ニックス
 ♪
中古品が結構出回っているので、入手は難しくありません。
[PR]

# by mogerand-m | 2006-12-14 00:30 | 音楽/CD、LP…
2006年 12月 06日

Dear Christmas/南野陽子

c0123522_063913.jpgナンノこれしき南野陽子 (笑) である。……………あ゙っ、それで終わっちゃいけないんだ。
南野陽子のデビュー当時 (1984年) というと、オヂサンは貧乏生活を嘔吐…じゃない謳歌していた時期なので、テレビヂョンなる文明の利器を持っていなかったんですね。情報は新聞とラヂオと口コミから得るという戦前のような生活…でも、当時はナンノ不便さも感じませんでした。おまけに、アイドルを追っかける歳でもなくなっていたので、南野陽子なるアイドルについては 「名前ぐらいは知っている」 程度で、あまり印象はなかったのが本当のところです。
それが、もう少しハッキリと認識出切るようになったのは、もちろん例の 「スケバン刑事」 もあるのですが、オヂサンの場合は 「はいからさんが通る」 でした。この両作、いずれも少女漫画が原作の話です。オヂサンは一時、漫画関係方面に若干係わった時期があるので、70年代半ば~80年代前半ぐらいの少女漫画だと多少の知識はあるんですわ。まあ、日常生活ではあまり役にたたない知識だし、それが知れるとむしろオタク関係かと一歩引く方面へ向かってしまうので普段は黙っていますがね (笑)。で、「はいからさん~」 はよく読んだものでしたから、実写化されるというので興味を持ったわけです。
 ♪
このアルバムはデビューから5年、はいからさんから2年後に発表されているのですが、あらまぁ~、ナンノちゃんてば、すっかりオネエサンになっちゃって。歌詞カードを兼用している付属のブックレットでは、ヴェニス (と思われる) の小船の上でお姫様ドレスなんか着ていたりする。やっぱり、売れているアイドルさんにはお金がかかっていますねぇ。綺麗だし可愛いもんです。目の保養になりますです。
こんな娘が自分の嫁さんだったら…などと大それた事は申しませんが、せめて1兆歩譲って自分の子供の嫁さんだったりしたら、それはそれは素晴らしい夢のような話ですねぇ。でもウチの場合は、どう考えても 「掃き溜めに鶴」 になりそうですな。仕方ない、諦めましょう…って、ナンノこっちゃ (笑)。
 ★ ★ ★
1989 CBSソニー CSCL1045
 ♪
①Dear Christmas ②宝石だと思う~ノエルの丘で~ ③イヴまでの恋人 ④聖夜(クリスマス)物語 ⑤八重歯のサンタクロース ⑥メリー・クリスマス ⑦6pm,24,DEC. ⑧恋人達のクリスマス ⑨そして、またイヴがきて… ⑩Sentimental Holy Night ⑪憶病なトナカイ
 ♪
メーカーでは廃盤となっていますが、ネットオークション等で比較的よく見かけますので、入手は難しくないと思います。きっとソニーさんは 「ナンノ・ボックス」 を買わせたいのでしょうね (笑)。
[PR]

# by mogerand-m | 2006-12-06 17:28 | 音楽/CD、LP…
2006年 12月 04日

Christmas with the Platters

c0123522_043244.jpgプラターズといえば 「オンリー・ユー」、 「オンリー・ユー」 といえばプラターズ…ウ~ン、この言い方だと、何だかまるで 「一発屋」 のようで忍びないものがあるなあ。しかも単にオンリー・ユーと言うと、こっちの方かと思われたりするからなあ。まさかこっちの方かと言う人は少ないと思うが、ありえるかもしれないしなあ。
世の中って、ムズカシイんだなぁ…。
そう、ムズカシイついでにもっとムズカシクすると、プラターズっていう名前を名乗るグループは、一体幾つあるのでせうか? (○×&プラターズみたいなのを含む)
私もようワカランので、詳細はこちらを見ていただきたい。当人たちにとっては大問題だから孫子の代まで争って白黒決着を付けたいのだろうが、その孫子の代まで混乱状態に付き合わなければならない私らにとっては大迷惑な話である。忍者サスケの影分身じゃないんだからさ。思わずテレビアニメの主題歌が頭をよぎったさ。「一人のサスケが二人のサスケに、三人、四人…五人! 十人!~♪」 という歌詞の一人・二人が一つ・二つに変わって、サスケをプラターズに変えて…メチャ字余りだが無理矢理歌うと (笑)。
 ♪
いやまあしかし、そんな字余りのオマヌケなものを無理矢理歌うより、クリスマスで目出度いのだから、ここはひとつプラターズにクリスマス・ソングでも歌っていただきましょう (なんか急にまとめたぞ w)。ってなワケで、このアルバムである。
これは1963年の発表だから、まだほとんどがオリジナル・メンバーのはず…少なくともジャケ写左側の3人は間違いない。ただ、リード・テナーのトニー・ウィリアムスが確認できない。右側2人のうちどちらかがトニーさんなのか、或いはこの時点ではもう脱退していたのか。誰か知っていたら教えてちょ。
さて、グループ名の崎陽軒…じゃない、使用権争いは当人たちにまかせておいて、昔懐かし古き良き時代のプラターズでも聴きますかね。
誤解を恐れずに言えば、人の声に勝る楽器はございませぬ。名器(?)の奏でるグッド・クリスマス・ミュージックをいざ聴かん。
 ★ ★ ★
ユニバーサルミュージック EJS-4068
 ♪
①ジングル・ベル ②ホワイト・クリスマス ③サンタが町にやってくる ④クリスマス・タイム ⑤ブルー・クリスマス ⑥クリスマスはお家で ⑦赤鼻のトナカイ ⑧クリスマスの集い ⑨ジングル・ベル・ロック ⑩クリスマスの願いごと ⑪ウィンター・ワンダーランド ⑫サイレント・ナイト ⑬蛍の光
 ♪
オリジナルLPは1963年発表。CDのメーカー在庫は無さそうですが、市中在庫はまだあるようです。なお、1995年にポリドールから同一内容のものが 「ホワイト・クリスマス」 名義で発売されています。
[PR]

# by mogerand-m | 2006-12-04 23:16 | 音楽/CD、LP…
2006年 12月 01日

Paul Mauriat Christmas Album

c0123522_022785.jpg12月になると、良かれ悪かれ、街中がクリスマスの色に染められる。猫も杓子もクリスマス。あなたも私もクリスマス。北も南もクリスマス。一家に一台クリスマス…ってなものである。そこで、一家に一枚、ポール・モーリアのクリスマス・アルバムなんぞはいかがざましょ? お客さん、お客さん。今ならお買い得だっせ。
先月、惜しまれつつ亡くなったポール・モーリアだが、我が国ではイージー・リスニング界の代表者と言えば彼の名前が挙がる事が多い。それは、代表曲の一つである 「恋は水色」 が日本人の好みに非常に合っていたからかもしれないし、手品やマジック・ショーのテーマ曲(?)として 「オリーブの首飾り」 がやたらと使われているせいかもしれない。あるいは、メルシャンワインのCMで流れていた 「そよ風のメヌエット」 が気に入った方もいらっしゃることだろう。なんにせよ、ファンの一人としては、彼の楽曲がいろんな所で使われている事については、基本的に喜ばしい事であると思っている。
そういえば昔、ポール・モーリア、レイモン・ルフェーブルカラベリの3人を並べて 「イージー・リスニング界の御三家」 みたいな言い方をしていた事があったなあ。何でも御三家にしてしまえば…というのも問題があるが、多分、当時はこの3人のアルバムがよく売れていたんでしょうな。
 ♪
このアルバム、母体となっているのは、1997年にポリドールから発売された 「ホワイト・クリスマス」 というタイトルのアルバムらしい。オリジナルは更に古くLP時代まで遡るが、そちらは全18曲入りで、このアルバムに入っている12曲の他に 「雪が降る」 とか 「白い恋人たち」 といった、有名どころも収録されている。現在は廃盤なので入手できるかどうかは分からないが、なかなか魅力的な一枚ではあろう。どこかで見かけたらゲットしたいものである (しかも、本人の写真バージョンと、イラスト(?)バージョンの、2種類のジャケットあるらしい。発売年の違いによるものか?)。
と、ここまで書いたところで何気にオークションを覗いてみたら、オオッ、「ホワイト・クリスマス」 が出てるじゃん! とりあえず、ウォッチリストへと…(笑)
 ★ ★ ★
1999 ユニバーサル・ミュージック EJS-4067
 ♪
①ホワイト・クリスマス ②ジングル・ベル ③もみの木 ④赤鼻のトナカイ ⑤アディスト・フィデレス ⑥主イエス生まれ給う ⑦あら野のはてに ⑧雪のクリスマス ⑨聖しこの夜 ⑩サンタクロースの歌 ⑪サンタが町にやってくる ⑫蛍の光
 ♪
新品も入手可能ですが、中古で程度の良いものがオークションなどに結構出回っています。
[PR]

# by mogerand-m | 2006-12-01 14:57 | 音楽/CD、LP…